ポラロイド写真

回り込み解除

maclean1.jpg

カトリンコーストにあるマクレーンの滝です。


maclean2.jpg

道路沿いにあるお馴染みの看板から40分ほどで行って帰ってこれます。


maclean3.jpg

森の中を通り


maclean4.jpg

これまたお馴染みの橋を渡って


maclean5.jpg

目指す滝へと向かいます。


maclean6.jpg

滝のきわにまで行くことができます。


maclean7.jpg

滝の高さは22メートル


maclean8.jpg

勢いよく流れて行きます。

maclean9.jpg

辺りにはマイナスイオンがあふれています。


maclean10.jpg

カトリンコーストでは有名な場所ですが、やはりほとんど人がいません。


maclean11.jpg

mcleanの名前はこの地を探検した人の名前にちなんでいるそうです。


maclean12.jpg

水はとても冷たく澄んでいました。







ランキングに参加しています。クリックにご協力をお願いします。
スポンサーサイト

回り込み解除

curio1.jpg

インバーカーギルからダニーデンまでのシーニックルートであるカトリンコーストを今回は約8時間で回りました。


curio3.jpg

カトリンコーストは見どころが満載で、とても一日で全てを見ることは出来ません。今回は見どころの一部をざっと見て行くことにしました。まずは、このcurio bay


curio2.jpg

干潮時ではなかったので、誰もいません。


curio4.jpg

ここは、約1億8000万年前!の木の化石が見れる場所です。干潮期以外は海の中なので、見れません。


curio5.jpg

また、イエローアイドペンギンやヘクタードルフィンなどの野生動物が見られるスポットとしても有名な場所です。







ランキングに参加しています。クリックにご協力をお願いします。

回り込み解除

water1.jpg

カトリンコーストに行くことになり、手始めにインバーカーギルに向かいました。


water2.jpg

インバーカーギルの印象を南島に住んでいる人に聞くと「暗い・・・。」という人が多いです。南緯も高くなるので、冬は多分寒々としているんだろうなという印象です。大きな大学もあり、病院もあるのですが、確かに寂しさを感じる雰囲気があります。「ああ、ずいぶん遠くまできたもんだな」と感じます。

water3.jpg

高層ビルもないこの地域で目立つこの建物。1889年に建てられたビクトリア朝スタイルの水道塔です。高さ42.5メートル。30万個のレンガを使用しています。

water4.jpg

中には112段の階段があり、眺めもいいらしいのですが、

water5.jpg

地震の対策が立てられていないとのことで、中には立ち入り禁止となっています。


water6.jpg

折角の歴史的建物が活用されていないのは、ちょっともったいないですね。





ランキングに参加しています。クリックにご協力をお願いします。

回り込み解除

bath house1

クイーンズタウンワカティプ湖のほとりにあるthe bath houseです。

bath house2

ワカティプ湖を眺めながらの朝食にはもってこいの場所です。

bath house3

朝はまだ寒い時が多いので、

bath house4

中で食べる方がおすすめかもしれません。


bath house5
外が寒い時は、毛布があります。

bath house6
ベジタリアンメニューもあって

bath house7
ボリュームたっぷりの朝食になります。




ランキングに参加しています。クリックにご協力をお願いします。

回り込み解除

chantecler1.jpg

クイーンズタウン郊外にNZのGardens Trustで5つ星に選ばれているChantecler gardenがあります。現地の方に紹介してもらいました。


chantecler2.jpg

既に敷地内に入って5分程ですが、ここからは全く庭園の全容がわかりません。ラベンダーはまだ季節的に早かったので咲いていませんでしたが、ここが満開になっただけでもすごいと思います。


chantecler3.jpg

置いてあるディスプレイも味があります。


chantecler4.jpg

あくまでも個人の方が「趣味で」やっているお庭です。


chantecler5.jpg

庭は6つぐらいのテーマに分かれています。

chantecler6.jpg

所々にお手製のオブジェが置いてあります。


chantecler7.jpg

大きなオブジェもこれだけ広ければ問題なく展示できますね。


chantecler8.jpg

オーナー自慢の一つ。アルパカたち。


chantecler9.jpg

遠くの山を借景にしたアジアン庭園。

chantecler10.jpg

ウェディングやパーティーの会場貸もやっているそうで、これがそのゲストハウス。


chantecler11.jpg

ベジタブルガーデンには、かかしとその肥料の元になるにわとりさん。

chantecler12.jpg

これがオーナーのおうちです。

chantecler13.jpg

もちろんバラも咲き誇っていました。

chantecler14.jpg

この方がオーナーのchantecler氏。この日も花がらつみやごみ拾いをせっせとしていました。


NZガーデントラストの案内はこちらから

chantecler氏のインスタはこちら

ランキングに参加しています。クリックにご協力をお願いします。




プロフィール

funikura

Author:funikura
ニュージーランドには旅行で行ってます。ごくごく普通の旅行者から見た感想などを書いていきたいと思います。趣味はヴァイオリンとガーデニング。事務所で三毛猫きゃりーちゃんを飼っています。

ランキングに参加しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード